風俗コラム集
風俗 らいおんはーと

【デリヘルとピンサロ】働く女性の世代は?

ピンサロは若い世代が多い?

風俗には、様々な業種があります。
サービスや料金に違いがあることはもちろんですが、働いている女性の年齢層も、微妙に異なっているのです。
「ピンサロ」と「デリヘル」を例にとって考えてみます。
メインで働いているのは両者とも20代の女性ですが、ピンサロの方がデリヘルよりも若干若い傾向があり10代の女性も多いのが特徴です。

では、なぜピンサロの方が働く女性の年齢層が若いのでしょうか?
その理由の一つとしてピンサロは「学生のアルバイト感覚」で始める女性が多い事が挙げられます。
ピンサロは容姿やテクニックなどに関わらず、風俗の中でもかなり採用されやすい業種です。
ですので「大学生になったばかりでお金が欲しい、でも風俗は初めて」という女性でも応募がしやすいのです。
ボーイの見回りもあるので、風俗経験が初めてという女性でも安心して仕事ができることから
18歳~22歳くらいの学生さんが働いているケースが多く見受けられます。
デリヘルにも学生さんがいるケースもありますがデリヘルには「風俗を本職にしている女性」が多いためピンサロよりその数は少なくなります。

お店のコンセプト

「学園系をコンセプトにしたお店が多い」のもピンサロの方が若い世代が多い理由です。
風俗店には「学園系」をはじめとして「人妻系」、「素人系」など、様々なコンセプトのお店が存在し、その雰囲気に合った女性が働いています。
例えば人妻系のお店では25~35歳くらいの女性が働いていることが多いですし「学園系」のお店では20代前半の女性が在籍している場合がほとんどです。
ピンサロはこの、学園系をコンセプトにしたお店が圧倒的に多いのです。
なので働いている世代も必然的に若くなります。
デリヘルには学園系もありますが人妻系や熟女系など、若い世代でなくても働けるお店が多いので20代前半の絶対数はピンサロの方が上です。

ピンサロの回転率

ピンサロの業務が体力勝負であることも、働く年齢層が若い理由です。
ピンサロは利用料金を下げ、回転率を上げることで利益を得る業態のため必然的に嬢の労働は増え体力も要します。
そのため風俗の中でも体力的にかなりきつい業種なので、ある程度年齢を重ねると業務が難しくなってしまう場合が多いのです。
対してデリヘルはピンサロほど体力を使わないため年齢を重ねても働きやすく、30代、40代の女性も多く働いています。
このように、入店しやすいことコンセプト、体力面などの理由からピンサロにはデリヘルよりも若い世代が多いのです。